カテゴリー別アーカイブ: 愛知県

刈谷市

刈谷市(かりやし)は、愛知県のほぼ中央の西三河地区の西端に位置する市です。境川を挟んで尾張の大府市と豊明市に対します。江戸時代には土井氏二万三千石の城下町でした。現在はトヨタグループ主要企業の本社や工場が集まる日本有数の自動車工業都市です。
続きを読む

清須市

清須市(きよすし)は、愛知県北西部(旧尾張国)の都市の一つです。清洲市は誤表記です。2005年7月7日に西春日井郡西枇杷島町・新川町・清洲町が新設(対等)合併して発足しました。2009年10月1日に同郡春日町を編入しました。
続きを読む

北設楽郡

北設楽郡(きたしたらぐん)は、愛知県東北部に位置する郡です。人口10,058人、面積553.27km²、人口密度18.2人/km²です。

瀬戸市

瀬戸市(せとし)は、中部地方・愛知県北中部の市です。
矢田川の支流瀬戸川のなす渓谷の極まる所に位し、名古屋都心より北東へ約18 km、名鉄瀬戸線の終点(尾張瀬戸駅)に当たります。また市内西部を愛知環状鉄道が縦断しています。このため岡崎市や豊田市、春日井市へのアクセスも良いです。東海環状自動車道のせと品野IC・せと赤津ICがあり、工業団地や住宅地の開発が進んでいます。また、アクセスの良さからトヨタ関連の従業員も瀬戸市に転入し人口は増加傾向となっています。
近年は観光都市として各種イベントを積極的に行っており、街全体を博物館に見立て「せと・まるっとミュージアム」を展開しています。2009年度の総観光客数は236万人を記録しました。
キャッチフレーズは『見せる魅せられるまち 瀬戸』です。
続きを読む

額田郡

額田郡(ぬかたぐん、ぬかたのこおり)は三河国および愛知県の郡です。出土木簡によると、古代では各田・農多とも表記されています。

津島市

津島市(つしまし)は、愛知県西部にある市です。
鎌倉時代から、木曽三川を渡って尾張と伊勢を結ぶ要衝「津島湊」として、発展しました。また全国天王信仰の中心地である「津島神社」の門前町として、一時は尾張一の豊かな町として知られました。その後戦国時代に織田信定がこの地を押さえて、信長までの織田氏3代の経済的基盤が築かれました。 海部津島広域行政圏の中心で、国・県の施設も立地します。あいち海部農協と海部東農協の本部も置かれています。
続きを読む