スポンサーリンク

女性の30代での転職は不利か?

ふつう女性の30代での転職は不利であると言われているようです。転職を20代でする女性と比較すると、確かに難しいといえる場合もあります。30代の女性を迎え入れることにリスクを伴う可能性もあるので、人材を採用する企業側からしてみれば、男性に比べて敬遠したくなるのかもしれません。30代の女性は結婚や出産、子育てなどのイベントを控えている可能性がある、これが企業側が女性の採用を敬遠する理由です。すると男性に比べて、仕事を休んだり辞めたりする可能性が高いということになるのです。おそらくそこに、一般的に30代の女性の転職が不利だと言われる原因はあるといえるでしょう。しかし、30代の女性の多くはキャリアを積んでいるのも事実です。自ら30代の女性の転職は無理だと思い込まず、自分のキャリアに自信を持った就職活動をする事が、転職成功のポイントになるはずです。転職を希望する理由が、今まで経験してきた仕事が合わないからという場合は、未経験である職種に転職しなければならないでしょう。さらに狭き門に、30代の女性が転職する場合にはなるかもしれません。なぜなら企業側が30代に求めるものは、男性、女性に関わらず、ゼロからのスタートではなく、即戦力として使える人材だからです。そんな状況のなかでも、未経験者可となっている職種もそれでもありますから、自分の求めるものを諦めずに、失敗しない転職のためにも根気よく仕事を探す努力をしていきましょう。

スポンサーリンク