スポンサーリンク

外資系企業転職に必要な英語力

転職先の企業に外資系を選択したいと思い立った場合、自分の語学能力はどのくらい通用するか気になるのではないでしょうか。英語力に関しては、TOEICで700点以上取れる人に求人を限定しているという外資系もありますが、ぺらぺらに話せなくては仕事にならないほどに語学力が必要となるわけではないようです。

外資系企業への転職といっても、仕事の能力と英語の能力のどちらが重要かといったら仕事の能力のほうが重要なのです。外資系の会社に転職を希望する時、絶対に英語が話せなくてはならないということはないのです。英語に自信がない人の中は、書類関係がほとんど英語なのではないかと恐れているかもしれません。でも実際に仕事を始めれば書類の英語は単なる記号のようなもので一度意味がわかってしまえば対応できるということがわかるでしょう。では、実際外資系企業の社員の英語力というのはどの程度のものなのでしょうか。

帰国子女や留学経験者は別としても英語ができるといっても、TOEICは800点程度なのです。ですから外資系企業に転職してから英語を勉強しても遅くはありません。特に若い人の場合は、英語力なしで外資系企業に転職することは不可能ではありません。実地でもまれながら、業務と平行して勉強を進めていくことができれば大丈夫です。ただし、ある程度の語学力を持てない限りは、外資系企業で働くことは少し困難が生じるかもしれません。話せないよりは話せる方が絶対有利ですし、外国への出張や対外折衝などを任され出世しやすいだろうからです。余裕のあるうちにコツコツと英語を勉強し、語学力の底上げをはかっていくことが、外資系企業への就職を目論んでいる人には必要なことといえます。

スポンサーリンク