スポンサーリンク

親しい間柄の社外向け退職メール文例

取引先への退職メールでは、相手によって、メールの内容が変わるとことでしょう。一般的な形式の退職メール例文をご紹介します。書き方としては、退職に当たっての基本的な挨拶やお礼を書ましょう。親しい間柄なら、自分なりのエピソードを少しメールの中に書くと、その人らしさが出て良いでしょう。

※複数の人に一括で退職メールを送る場合は、Ccではなく、Bccにアドレスを入れるようにしたほうが人間関係の摩擦を防げます。

メール宛先+タイトル

To [関係者]
Cc [後任担当者]
Bcc [上司、同僚]
メールタイトル:退職のお知らせと業務の引き継ぎ(●月●日付)

以下メール本文

●●株式会社 
●●様 

●●(社名)の●●です。

いつもお世話になっております。

さて突然ですが、私は、●月●日付で、●●を退職することになりました。

(簡単な思い出と今後の予定)

これまで、大変お世話になりましたことを心から感謝を致しております。
皆様も、ぜひ、お元気でご活躍されることをお祈りしております。
ありがとうございました。

なお後任は、●●(後任担当者名)に引き継いでおりますので、よろしくお願い申し上げます。

 後任:●●事業部 ●●部 係長●●
  Mail-adress:sample@sample.co.jp
  電話番号:00-1111-2222(変更無し)

また私の今後の連絡先は、次のとおりです。

住所(自宅):samplesamplesample
自宅のMail-adress:は、sample@sample.co.jpになります。
何かありましたらこちらへ連絡をいただければ幸いです。

スポンサーリンク