スポンサーリンク

親しい間柄の社内向け退職メール文例(BCC一括送信)

社内向けの挨拶メールとしては、退職か異動かでメールの内容は異なります。後任担当者の紹介はどちらのパターンでも必要です。

退職後に同じ仕事で独立することもあるでしょう。もしかしたら、仕事で関わることもあるかもしれません。そんな時のために簡単でも良いので、きちんと退職挨拶メールを出しておくことをお勧めします。

メール宛先+タイトル

Bcc [関係者、後任担当者]
メールタイトル:退職のお知らせと業務の引き継ぎのご連絡(●月●日付)

以下メール本文

(Bcc にて送信いたしました)

●●(部署名)の●●です。

お疲れ様です。

お仕事中メールにて失礼致します。

私は9月末日で退職することになりました。
長い間、お世話になり、本当に今までありがとうございました。

(簡単な思い出と今後の予定)

本当にお世話になりました。心からお礼を申し上げます。
お伺いしてご挨拶したいのですが、身辺の整理整頓に時間を取られ、
その余裕が無くなってしまいました。お許し下さい。
大変失礼ですが、このメールをもちまして、退職のご挨拶とさせて頂きます。

なお後任は、●●(後任担当者名)に引き継いでおりますので、よろしくお願い申し上げます。

 後任:●●事業部 ●●部 係長●●
  Mail-adress:sample@sample.co.jp
  電話番号:00-1111-2222(変更無し)

また私の今後の連絡先は、次のとおりです。

住所(自宅):samplesamplesample
自宅のMail-adress:は、sample@sample.co.jpになります。
何かありましたらこちらへ連絡をいただければ幸いです。
 
皆様のご健康と、益々の繁栄を願っております。

スポンサーリンク